HOME>オススメ情報>金属の内部を加工することができる特殊な加工
ホーニング

注意をした方が良いこと

ホーニング加工をしたい場合に気を付けた方が良いことは、加工をしたい製品に合ったタイプのホーニングができる会社を選ぶことです。会社によっても得意なタイプのホーニングが異なっている場合があり、加工をしたい目的によっても最適な方法が違ってきます。さまざまな状態に目的物の内側を加工することができますが、どのような目的で製品を製造するかによっても、最適な加工の方法が決まります。表面を意図的に粗い状態にすることも可能で、製品の種類によっては粗い状態の方が機能的に最適な場合もあります。表面を滑らかにすることも可能で、鏡のように磨くこともできるので目的に合わせて加工ができます。

申込をする方法について

ホーニングをしたい場合には、専門の会社に申込をする必要があります。ホーニングは金属加工を専門におこなっている会社に依頼することができますが、仕事の申込をする場合には、まず電話などで申込方法の確認をしておいた方が良いでしょう。実際に仕事を依頼する前に、希望する加工ができるかどうか相手の会社に聞いておけば、安心して仕事を任せることができます。ホーニングが必要となる部品を持っていけば、相談もしやすくなります。

作業の進め方を決める

ホーニングを専門の業者に依頼することが決まった場合には、どのように作業を進めていくか、さらに具体的に話し合う必要があります。ホーニングをする場合には、製品の内部を加工するための砥石を選ぶことも重要になりますが、製品の硬さによっても最適な砥石が違います。ホーニングによく使用されているのはボラゾンというタイプの砥石ですが、硬いものを加工する場合には、ダイヤモンドなどの素材を使用した方が最適な場合もあります。

広告募集中